お客様インタビュー

INTERVIEW

暮らしの幅が広がる、猫と暮らす中庭がある家

家族構成:ご夫婦 ZERO-CUBE 回KAI ACT2 CUSTOM

 

“四角い家”が気になって

私たちは夫婦ともに猫が好きなので、「猫と暮らす家」に憧れを持っていました。しかし賃貸していた借家では飼うことが叶わず。それならばと、家づくりを検討するようになりました。
当初は平屋の純和風な家がいいなと考えており、休日に何軒か展示場を回ったりしていたのですが、たまたまCMで見かけた四角い家が気になって。「中はどうなってるの!?」という興味がきっかけで、ベツダイさんを訪れたんです。

担当の浅井さんが最初に見せてくれたのは「ZERO-CUBE STEPFLOOR」。外観からは想像のつかない開放感のある空間や、作業スペースにもなる土間スペースなどが面白く、「ZERO-CUBE」シリーズに惹かれていきましたね。また何より、ちょうど探していた挾間エリアに土地がありますよと紹介してくれて!見に行ってみるとまだ造成されていない竹やぶの状態だったのですが、周りの環境を見て「ここがいい!」と奥さんが即決(笑)。「土地がなかなか決まらない」と家づくりに悩まれる方が多い中で、トントン拍子で話が進んだんです。そんな縁もあり、ベツダイさんと一緒に家づくりを始めることに決めました。

 

 

シンプルな家に自分たちらしいカスタムを

「猫と暮らす家」を作りたいという私たちに浅井さんが紹介してくれたのが「ZERO-CUBE 回KAI」。そもそも“庭は外にあるもの”と思っていましたから、中庭がある家というのはとても斬新でしたね。実際に見学に行ってみると、あまりの明るさに驚き一目惚れ!私たちの理想の暮らしに必要なものが全て揃っていると感じたので、間取りもほとんどそのままにプランを組んでいただきました。

希望を伝えた部分は、ファサードと方位、あと和室を作って欲しいということ。通常のファサードは可愛らしい屋根がついているだけのシンプルなスタイルだったので、設計の方と相談して雨や風をしのげる意匠性のあるものをオーダー。レンガ風のデザインがお洒落な玄関を作り上げてくれました。方位に関しては風水の要素も取り入れながら、玄関の向きやリビングの向きを考えたんですが、それもキューブ型の住宅だから自在にできることですよね。和室はリビングで食事をした後にくつろげる場所にしたいと思っていました。天井にもカラークロスを入れて、こだわりの空間に仕上げたんです。今は来客用の空間として重宝しています。

とにかくベツダイさんから提案していただいた内容が、僕たちの好みを知っているのかな?というくらい本当にバッチリだったんです(笑)。おかげでとてもスムーズに家づくりが進みました。

アウトドアが楽しい明るい中庭

何より中庭のある暮らしを選んでよかったのは、明るさ!吹き抜けの庭は光と風が通り抜け、夕方でも明るくて快適です。またリビングの両側に窓があることから、保温性の心配をしていましたが、光が差し込むからなのか、冬でもとても暖かくてびっくりしましたね。

駐車場スペースを取れば庭のスペースをあまり取れないのではと危惧していたのですが、中庭があれば十分でした。出かけるときに中庭の施錠を心配しなくて良いですし、開け放しておけば日中猫たちの遊び場として活躍しています。外からの視線も気にならないので、天気の良い日はバーベキューをしたり、夜はラグをひいてゴロンと横になって星を眺めたり。お家の中でできるアウトドアを2人で楽しんでいます。

 

 

帰るたびに好きになる家

猫に始まり、インテリアやアニメ、音楽と、趣味が多い2人なので、2階はお互いの趣味に没頭できる部屋を作りました。奥さんの部屋は今ハマっているチョークアートやイラストを描くスペースとして使っています。奥さんのお気に入りは趣味部屋に加えて、ワインレッドに木目調のデザインが入ったリクシルのキッチンも。作業スペースも広く機能的なのに、カッコよくてお気に入りみたいですね。でもコーヒーを入れるのはいつも僕の役目だったり(笑)。

夜は、家に帰ってくると小窓から灯りがもれていて、やっぱりこの家可愛いなぁって思うんです。帰るたびに愛着が生まれてくる家には、お気に入りのスポットがいっぱいありますし、家でゆっくり過ごす時間が増えましたね。

contact

tel:0120546622

BETSUDAI HOME

PAGE TOP

Copyright© 2019 BETSUDAI.